すぐ見つかる!シェアハウス総合情報サイト!

ゲストハウスバンク

  • レーダーチャート

    4

近年では、安くて便利な場所にあるゲストハウスやシェアハウスの検討をする方が増えてきました。シェアハウスとは、数人で一軒家を借りるスタイルです。キッチン、トイレ、バスなどは共同で使用することになります。

シェアハウスのメリットは、一人暮らしでも寂しくないこと、困った時に助けてくれること、人とのコミュニケーションが取れることなどです。人と交わって暮らすことが好きな方、得意な方などはシェアハウスは安くてお得です。

ゲストハウスバンクのHPでは、便利な場所の物件、専用の綺麗なシェアハウス、シェアハウスに感じての情報など多彩に掲載しています。シェアハウスの魅力を確認して楽しく過ごしましょう。

ひつじ不動産

  • レーダーチャート

    4

ひつじ不動産では目的別に借りれる部屋のラインナップを豊富にと揃えております。ここ数年でシェアハウス借りる人たちの人口は急増、その大きな理由は早くに起業する若者が急増したことに比例しています。安くでオシャレな事務所を構えたい、自分たちだけの趣味で使う部屋借りたい。

昔のようなデスクがあってPCがあって固定電話があってではなく、よりそこにスタイリッシュさを求める若者が増えました。今ではレンタルオフィスよりも需要は高くなっています。さらにひつじ不動産では物件選びのコツなどアドバイスコーナーも設けています。

物件選び初心でも安心して利用できるように配慮、そしてファミリー向けの本格派物件などの取り扱いもありますので突っ込みどころもないパーフェクトなサイトになっています。

Colish(コリッシュ)

  • レーダーチャート

    3

Colish(コリッシュ)は利用者がシェアハウスのコンセプトを投稿し、同じ夢や目標を持つ人達を募ったり探したりする事が出来るウェブサイトです。音楽仲間やエンジニア、共通の趣味を持つ人同士で家をシェアする事で、同じ価値観や共感できる仲間と生活する事が可能です。

既に他の入居者が暮らし始めていて、共通の趣味や目標などシェアハウスのコンセプトや立地などの条件に合った自分の理想のシェアハウスをサイト内で探す事が可能です。これからシェアハウスの企画を始めたい人が新たに立ち上げて、シェアハウスを始める事も出来ます。物件を貸したい、サイトに掲載したいオーナーさんにも利用されています。

どんなコンセプトのシェアハウスを作りたいのか、コンセプトのタネをみんなで投稿し合って新たな企画のヒントにするコーナーがあり、今までになかったコンセプトのシェアハウスや自分では考えつかなかったアイデアと出会えます。

東京シェアハウス

  • レーダーチャート

    4

東京シェアハウスは、シェアハウスに住みたい人が手軽にシェアハウスを探せる便利な検索サイトです。どの物件も写真がついているので、どんな物件なのかが良く分かります。また家賃も記載されているので参考にしやすい点が魅力です。

シェアハウスを路線やエリアごとに検索できる機能がついているので、住みたい場所から物件を絞り込むことが可能です。もちろん新しくオープンしたシェアハウスも探すことができます。住みたい場所を選択すれば、簡単にシェアハウスを決められます。

その物件の共有設備などもチェックすることができるので、自分に必要な設備が整っているかも分かります。世帯数や性別など、いろいろな条件のシェアハウスがあるので、気になった物件を見つければすぐに問い合わせも可能です。

東京オークハウス

  • レーダーチャート

    3

東京オークハウスはシェアハウス、アパートメント、ソーシャルレジデンスを提供しているサイトの1つです。このサイトを運営している会社は平成10年11月10日に設立、従業員数は約120名ほどを抱える渋谷に拠点を構える会社です。この会社では不動産屋賃貸経営などを主な活動内容にしています。

その東京オークハウスのサイトではシェアハウスなどの物件などを掲載していますが、対象となる地域は東京、神奈川、千葉、埼玉の関東地域と京都の5地域となります。このサイトではソーシャルレジデンスの物件取り扱いもなされていますが、これは住む以外に何かしらのワークイベントとしても使える物件だとしています。

またこのサイトでは他にスマ賃というアパートメントの物件取り扱いもしていまして、室内には様々な家具類を配備しているとしています。この物件では法人も個人も敷金や礼金などが要らずして利用できるとしています。

シェアハウスとソーシャルアパートメントの違いって何?

シェアハウスとソーシャルアパートメントの違いが今ひとつわからないという人は多いですね。簡単に言えばソーシャルアパートメントのほうがシェアハウスよりも規模が大きい傾向がありますが、もっと大きなメリットは、ソーシャルアパートメントのほうが、自分の時間や空間がしっかり保持出来るという点にあります。
シェアハウスの良いところは住人がそれぞれ協力しあいながら共同生活を行う点にありますが、それを味わいつつもプライベートは通常のマンションレベルで確保出来るというのが、ソーシャルアパートメントとシェアハウスの一番の違いであり、メリットでもあります。
入居者同士が集う場所があり、コミュニケーションを楽しむ空間がありながら、一人暮らしの基本スタイルは守ることが出来ます。似て非なるメリットは、実際に体験してみなければわからないかもしれませんね。

ソーシャルアパートメントは、従来の一人暮らしの部屋の他にパブリックスペースが用意されています。シェアハウスではキッチンやリビングなどがそうした場になりますが、30名~100名に及ぶ大規模な建物でそうした共有スペースが確保されることは、通常ではないでしょう。
ソーシャルアパートメントのコンセプトは、共用ラウンジを利用することで属性を超えたコミュニティを構築することですから、この空間が存在しなければそもそも成り立ちません。ソーシャルアパートメントは「従来のワンルーム+共用部」というのが基本構成であり、シェアハウスのように「元々一つの住まい÷住居人」という考え方とは、ある意味真逆の発想と言えるかもしれません。
一人暮らしはしたい、でも住居人たちとも密に交流したいという人が、いいとこ取りが出来るのがソーシャルアパートメントかもしれませんね。

ソーシャルアパートメントは、共用スペースがあることで年齢も性別も国籍もあらゆる属性を飛び超えてコミュニケーションを図れるのも大きな魅力ですが、そもそも一人暮らしでラウンジのある居住空間を得る贅沢は、なかなか出来るものではありません。
設備やサービスがホテル並に充実している建物もあり、大規模になればなるほど贅沢な空間が用意される傾向にあります。都市部の一軒家をシェアするのもかなり贅沢ですが、規模の面では大きな違いがあります。ただし、それだけにソーシャルアパートメントは賃料も高く設定されていますので、経費を安く抑えるためにシェアハウスを選ぶ人にとっては、ちょっと目的に外れるかもしれません。
どちらが良いとは一概に言えませんが、それぞれの違いを良く理解して、自分の求める物件を探すのが正解です。

カテゴリ

PAGE TOP